2019/06/10

当カウンセリングルームは、身近な問題でのご相談から、他の専門機関につなぎ、連携が必要な問題まで、幅広くカウンセリングを承っております。

最近、これからの自分の人生の選択肢を考え、もっと強い自分になりたいとのご相談を受けることも多くなりました。

私も過去に「これからどうしていったらいいのだろう」そう思ったことがありました。

ツライ思いを訴えた時

「心配ばかりかけて!そやけどあんたも悪いんでないの」との答えが返ってきた。

誰にも理解してもらえない絶望にも似た感情で、押しつぶれそうになったっけ。

八方ふさがり、どっちに転ぼうが、どうにもならない切羽詰まった思い。

「つらかったな」

でも、今の私がここに居る。

今は「よく頑張ったね」

そう思える自分。

あなたもきっと そう思える時が来る。。 

大丈夫、きっと。。

2016/05/13

あなたは何か目的を持っていますか?

目的を持った生活をしたほうがいい。

そのようなことを聞いたことがあるのではないでしょうか。

実は・・・ 

私たちが何かを行うときには、必ず何らかの目的が存在しています。

えっ? と思われるかもしれませんが、そうなのです。
たとえば、自分の日常行動を振り返ってみると

                 次のような目的があったりします。
・仕事のため        ・家族の役に立つため

・気分を良くするため    ・人に喜んでもらうため

・役割を果たすため                 ・健康を維持のため
・負担を少なくするため   ・自信をつけるため
・自由になるため      ・誰かの支えになるため

・いい人と思われるため   ・協力を得るため
・人生を豊かにするため  ‥など

 

このように、私たちが行う行動の背後には、多種多様の目的があるものです。
しかし、あなたはそのことに気付いていますか?

その目的にどれくらいの人が気づいているのでしょう。
今 行動している事実は、意識できているとしても

その目的については、ほとんどの方が意識していないのではないでしょうか。
 

こうした状態は、「目的スイッチ」が 「OFF」 になっている状態といえます。
これは、部屋の照明のスイッチが 「OFF」 、暗いままの部屋の状態と同じです。

想像してみてください。
照明のスイッチが OFF になっている部屋の場合、何か探しものを見つけるのはとても苦労します。
「目的スイッチ」もこれと同様です。
何らかの行動をしていても、「目的スイッチ」に気が付かず OFF の状態のままだと

おのずと時間を無駄に使ったり、やる気がなくなったり、挙句の果てに嫌気までさしてきます。
そのような状態から抜け出すためには、
「目的スイッチ」を“OFF"から “ON”に切り替えてみましょう。

「なぜおこなうのか?」自問自答することも大切でしょう。

しかし なぜ? WHY? そのことばかりを問い詰めるよりも、やっている行動、やらなければならない行動を

「○○○のために私は頑張れる」 そんな自分発見が明日の魅力的なあなたに繋がります。

そして、目的を意識し行動していると、行動に責任が持てるばかりではなく、次の目的が創造されます...

2016/05/07

心理学用語の中に

『レジリエンス』という言葉があります。 

レジリエンスというのは、

「困った!」「もうダメだ」という

状況に置かれた時

それを乗り越えるための力、回復力、弾力性のことを言います。

同じような困難に陥っても、乗り越える人と

諦めてしまう人がいるのは、このレジリエンスも影響しています。

もちろん生まれながらに強い人・成育歴の中で強く育ってきた人、それぞれですが、できるならこの力を伸ばしたいものです。

時代の流れが急速になる今、心が折れそうになる経験は誰にもあると思います

そんな時のために、レジリエンスを高めておきたいものです。

心の筋肉と表現するのにピッタリなこのレジリエンス・・・

今現在、この力が弱いと感じていたとしても心がけ次第で強くすることができます。

身体の筋肉と同じく、日々のトレーニング(意識すること)で変化が起こります。

 🍁 自然の中で楽観的に

誰もが物事をポジティブに視る目をもっているのですが、ショックな出来事に遭遇したなどつらい状況の時には視野が狭くなりがちです。

そうなっている時は、無意識にたくさんの選択肢の中からなぜか辛くなる思考を選んでしまっています。それに気づくことは非常に難しい作業です。なぜなら悲観的・ネガティブ思考の回路の渦に入り込んでしまっているからです。ですから自ら気付くことは難しい・・・。

こんな時にこそカウンセリングを受ける意味があります。

しかし、カウンセリングに行くには・・・とのお考えの方、

まずは、顔をあげてみましょう!日差しを浴びてみましょう!空を眺めるのでもいい! 

とにかくまず自然の中に身を置き、自然の雄大さの中に生かされていることを感じてみてください。そうして気持ちを切り替え、考える方向の視界を広げてください。 

🍁 目の前のことに一喜一憂しない

些細なことで落ち込んでしまう時というのは

目の前のことだけに縛られ身動きできない状態になっています。つまり近視眼的(目の前のことだけを見る)になっていて、その向こうにある本当に大切なものを忘れていることがあります。

いくつも方法があるにも関わらず、たった一つのことがダメだった!というだけで、激しく落胆する。必要以上に落ち込み、身動きが取れなくなるのです。

落ち込んでいる時には、なかなか自分を客観的に見つめることは難しいですが

目的は何なのか、大切にしなければならないことは何か?・・・、少し心を離して、落...

Please reload

〒916-0043 福井県鯖江市定次町325-6

営業時間 8:30~20:30

TEL/FAX 0778-53-2610

※カウンセリングは完全予約制です

Copyright © 2016 ぴゅあカウンセリング All Rights Reserved.