〒916-0043 福井県鯖江市定次町325-6

営業時間 8:30~20:30

TEL/FAX 0778-53-2610

※カウンセリングは完全予約制です

Copyright © 2016 ぴゅあカウンセリング All Rights Reserved.

必ず回復する


心理学用語の中に

『レジリエンス』という言葉があります。

レジリエンスというのは、

「困った!」「もうダメだ」という

状況に置かれた時

それを乗り越えるための力、回復力、弾力性のことを言います。

同じような困難に陥っても、乗り越える人と

諦めてしまう人がいるのは、このレジリエンスも影響しています。

もちろん生まれながらに強い人・成育歴の中で強く育ってきた人、それぞれですが、できるならこの力を伸ばしたいものです。

時代の流れが急速になる今、心が折れそうになる経験は誰にもあると思います。


そんな時のために、レジリエンスを高めておきたいものです。

心の筋肉と表現するのにピッタリなこのレジリエンス・・・

今現在、この力が弱いと感じていたとしても心がけ次第で強くすることができます。

身体の筋肉と同じく、日々のトレーニング(意識すること)で変化が起こります。

🍁 自然の中で楽観的に

誰もが物事をポジティブに視る目をもっているのですが、ショックな出来事に遭遇したなどつらい状況の時には視野が狭くなりがちです。

そうなっている時は、無意識にたくさんの選択肢の中からなぜか辛くなる思考を選んでしまっています。それに気づくことは非常に難しい作業です。なぜなら悲観的・ネガティブ思考の回路の渦に入り込んでしまっているからです。ですから自ら気付くことは難しい・・・。

こんな時にこそカウンセリングを受ける意味があります。

しかし、カウンセリングに行くには・・・とのお考えの方、

まずは、顔をあげてみましょう!日差しを浴びてみましょう!空を眺めるのでもいい! 

とにかくまず自然の中に身を置き、自然の雄大さの中に生かされていることを感じてみてください。そうして気持ちを切り替え、考える方向の視界を広げてください。

🍁 目の前のことに一喜一憂しない

些細なことで落ち込んでしまう時というのは

目の前のことだけに縛られ身動きできない状態になっています。つまり近視眼的(目の前のことだけを見る)になっていて、その向こうにある本当に大切なものを忘れていることがあります。

いくつも方法があるにも関わらず、たった一つのことがダメだった!というだけで、激しく落胆する。必要以上に落ち込み、身動きが取れなくなるのです。

落ち込んでいる時には、なかなか自分を客観的に見つめることは難しいですが

目的は何なのか、大切にしなければならないことは何か?・・・、少し心を離して、落ち着いて自問しましょう。そうすることで気分のアップダウンが少なくなります。

🍁 ピアヘルプ

人間関係を結ぶ時、緊張感が強い人とリラックスできている人がいます。

それは相手をどう捉えているか? また相手からどう思われるか?

それを意識した・・自分の緊張の度合いによって違ってきます。

相手を敵視すると、心に違和感感が広がり緊張度が増します。

そんな時にはなぜ敵視してしまうのの? ゆっくり考えてみてください。

嫌なことを言われたことがあるから?、意見が合わないから?、自分の思ったリアクションが帰ってこないから・・?、様々だと思いますが、世の中不思議なもので、なぜかこちらの思いが相手に伝わってしまうようです。

一方、相手を仲間と思えるとオープンザマインドになれます。仲間と思える何か理由があるのかもしれません。このときは理由など考える必要はありません。

自分がその人に「仲間意識を持つ」肯定的な感情を持つということは、理屈無しで、よい人間関係を築くうえで大切だからです。

🍁 生活リズムを大切にする

身体も心も同じようにリズムが重要です。

人の言動・行動は心が支配しています。心の中の選択によって表面化しているものです。

その心は日常生活のなかで左右されることが往々にしてあります。特にあさの9時頃までの日差しは、私たちの英気を養ってくれることが分かっています。その光を浴びるには、規則正しく朝起きをしなくてはなりません。

パソコンやスマホを触っている間に、深夜になってしまった!、あるいは仕事に追われ朝方までかかってしまった!方もいらっしゃると思いますが(私も反省です)生活リズムを正しく保つことは、心の『レジリエンス』に繋がります。

🍁 自分との約束

あなたは、仕事でも遊びでも、趣味でも・・・ ちょっとした些細なことでも、自分で目標や〆の時間、いろいろな約束事を決めていますか?

もしも、「何時までに○○しよう」とか「○○までやったら・・」とか、「いくらまでなら」など自分自身で決めているとしたら、ぜひそれを守ってください。それらをクリアしていくことは、一つ一つきちんと積み残しをしない生活をすることになります。

自分で決めた約束事を「できた!」と実感することは、自信につながり心の栄養源になります。

*ただし、もともと「頑張らなければならない!」との強迫観念が強い方は、約束事の設定に気を付けてください。約束事のハードルが高すぎてもいけません。

🍁 失敗から学ぶ

うまくいかなかったことで自分を責めても前に進めません。自分を責め続け、先延ばしをしていることもあります。

逆に、失敗を「どうでもいい」と思うことはありませんか?

本当はうまくいって欲しいことを、うまくかなかったという理由で「どうでもいい」と思うことは、努力してきた自分を否定することに繋がります。もちろん次へ頑張ろうとする向上心が芽生えません。

また、うまくかなかった自分に都合のよい理由づけをして、諦めていませんか?

言い訳が上手になると、人からの信用も無くなりがちです。難しいですね。。

さて、「失敗は成功のもと」とは先人は良くいったものです。

うまくいかなかったことには、何か理由があるかもしれません。次にうまくいくためにはそうしなければよいのです。

うまくいかなかったことは、次の行動の為に起こったこと、そう捉えられると未来は変わります。

    自分の中にもある 心の『レジリエンス』 信じて育てましょう。