冷え の問題


夏は暑くて一日中冷房をかけ、オフィスでの冷えにより体が不調を訴えます。

冷えは、男子女性の性差で特に女性が多いと言われていますが、最近では男子冷えを自覚する人が増えているようです。

冷えは、室内の温度はもちろん、ストレスからくる自律神経失調症や、運動不足による筋肉量の低下なども影響していると言われています。

冷えの特徴は、暑い寒いという感覚だけでなく、様々な全身の不調を合併してくることも。

全く自分では冷えを自覚していない人や、逆に、火照りやのぼせがある人などの中には、じつは体の内部に根深い冷えを持っているということがあります。

自分で気づかないかもしれない冷えをチェックしてみましょう。

□ ヘソの下や腰回りなどを直接触ると、冷たい。

□ 下半身は冷えるが、上半身は暑がりで、のぼせたり火照ったりする。

□ 夕方になると足がむくんで、靴がきつくなる。

□ 月経前緊張症や生理痛など、生理にまつわる不調がある。

□ 冬でも、足が火照り、膝から下を布団から出して寝ることが多い。

□ 女性でも、一晩に何度も尿意で起きる。

□ 胃腸が弱く、すぐ下痢をしやすい。

□ 切れ髪、抜け毛や爪の割れ、ささくれなどができやすい。

□ 膀胱炎を繰り返したり、冷えると残尿感が出やすい。

□ 大汗をかきやすい。

チェックのついた数が多いほど、あなたの冷えは重症といえるでしょう。

オフィスにいても、適度な運動や、ストレスをため込まないようにしましょう。

(参考文献 中央労働災害防止協会発行 オアシス) 


0 views

〒916-0043 福井県鯖江市定次町325-6

営業時間 8:30~20:30

TEL/FAX 0778-53-2610

※カウンセリングは完全予約制です

Copyright © 2016 ぴゅあカウンセリング All Rights Reserved.