会う回数 恋バナ④

恋が成就した人に、どこで知り合ったの?と聞いた時

「職場や大学」と答えられる方が多いですね。

職場や大学などは、何度も顔を合わすと言うきっかけがありますが

実はこの「何度も」と言うのがミソ!

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスは

関心がそんなになかった人にでも、何度も会う・または接触するうちに、いつしかその人に関心を持ち好感度が増してくる」と人間心理を証明しました。

これは『ザイアンス効果』と呼ばれています。

大学や仕事先では、毎日何回か、あるいは何日かに一回顔を合すことがあると思います。

話はしなくても顔を合わす回数が多ければ、何だか親しみと好感度が増してくるようです。

これは営業などビジネス界でも応用されており、営業職の方には

1度のセッションを長くするより、こまめに先方に顔を出したりダイレクトメールを送ったりすることをお勧めしています。

恋の成就にむけては

1度のデートの時間を長く過ごすよりも、ショートでも会う回数を増やす方が効果的です。

もちろん直接会うデートの内容ももちろんですが、

電話やLINE・メールやメッセージカードと言った手段で、こまめにコミュニケーションを取ることもお勧めしています。

デートの前から「どこに行きたい?」「○○がいいかなと思うけどどう?」など接点を持ったり、デートの後で「今日は楽しかったです」「今度また食事に行きましょう」などコミュニケーションをとることが大切です。

よく、恋愛を成就させるのがうまい人のことを「あの人はマメだから」と言ったりしますが、それも一理あり! 

そのような方は、きっとこまめにコミュニケーションを取るのがうまいのでしょう。

ただし、いくらこまめさが大切と言っても、多ければ多いほど良いという訳ではありません。相手が自分のことをどのように思い始めているか?

自分に関心が向き始めているか? 好意を持ち始めているか‥ 

ある程度読み取らなければ、頻繁にするのはかえって逆効果の場合もありますのでご注意を。

EndFragment

最新記事
アーカイブ

〒916-0043 福井県鯖江市定次町325-6

営業時間 8:30~20:30

TEL/FAX 0778-53-2610

※カウンセリングは完全予約制です

Copyright © 2016 ぴゅあカウンセリング All Rights Reserved.